心穏やかに暮らしたいと思っている主婦の雑記

雑記。その日あったことや、考え事、ぐちなどなど…

我が子が雨の日に傘をささずに学校から帰って…くる…

漫画も読みたくないし、ゲームは学生の頃以来ほとんどやってないから今更やる気起きない…。(なんでも新しいことをした方が、自分のためになるとは頭ではわかっているつもりですが…)

毎日仕事して家事もして子どもの世話や配偶者のお世話までしている人、本当にすごいなぁと思います。

わたしなんて家事と子供の世話と同居しているだけで疲弊しているのに、上記のような人、超人過ぎる…。

 

さて、子どもっていうのは、雨降っていても傘ってささないものでしょうか?

自分が子供の頃は雨降ったら下校中でもさしていたような気がするのですが…。

 

長女が、本格的な雨が降っていても、傘をさして帰ってきてくれないんですよ。

なのでいっつもぐっしょぐしょ。帽子も服も靴もランドセルも。ひどいとランドセルの中まで濡れていることも。

 

わたしが家にいるから、帰宅してもすぐに拭いたり着替えさせたりできるけど、わたしがいなかったら、長女はたぶんあのぐしょぐしょ服のまま過ごしていそう…。

いくら言っても、ランドセルとか玄関先に投げっぱなしだし…。

来年はランドセルを部屋まで自分で持っていこうねと話しているところです。

小さなことから少しずつできることを増やす作戦。

これでも次の日の教科書や鉛筆削りは今学年から自分でできるようになったので…ね…。

 

できないことができるようになる、うん、えらいえらい。(こんなときだけ前向き)

 

一年生の頃は傘を持って行かせると、何故か側溝のフタの穴にはめて壊したり、何したら壊れるんじゃいって壊し方をして帰ってきて、一年で5~6本くらいダメにしたものですが、今年はまだ一本も壊していないので、これもまた成長したってことなんでしょうね。

 

まぁ、まだ体も大きくないし、子どもからしたら、片手が塞がる傘は差すのも億劫な物なのだろうとは思いますが、来年あたりには雨降っていたらきちんと傘をさしてほしいものです。

傘差さずに濡れて帰ってきて、風邪でもひいたら色々と困りますしね。

 

あと、靴で水たまりにわざと入ったり、泥に突っ込んだりするのもやめてほしい。靴洗う回数がただでさえ多いので、そろそろ面倒くさい←

 

他にも色々とぼやきたいことはあるけれど、今回はこれにて。

 

おしまい。